おふとんガレージ

技術的なことの忘備録とか

Fedoraとwin10とのデュアルブートに失敗した話

またやらかすことのないようにするために

 

インストール手順(失敗時)

 

  1. windowsのディスクの管理からパーティーション容量の縮小、60GB程度の空きを作る
  2. LiLi USB CreatorでFedora23のインストールメディア作成
  3. PCに挿して起動、GUIに従ってインストール

 

ここまでの手順で普通にfedoraは起動可能、gurbにwinの項目も存在した。

しかしここでwinを選ぶと起動しない。又表記がwin8であったのも気になった。

エラー番号0xc0000225、BCDエラーとある。

 

解決のため試したこと

インストールUSBを作成しUSBブート、コマンドプロンプトを起動

  • bootrec /fixmbr
  • bootrec /fixboot
  • bcdcoot c:\windows /l ja-JP
  • bootrec /rebuildbcd

これらの事を一通り試したが起動しない。

そこで、fedoraインストール時に作成されたパーティーションを全て削除した後に、再度MBR領域の修復をしようと試みた。

 

ubuntuをUSBブートしてGpartedから新規追加されたパーティーションを全削除の後再起動。ここでwin10のインストール用USBメモリを挿し忘れる。

結果としては無事に起動。ディスクの管理から未割当領域を既存のパーティーション拡張に使用。無事現状復帰。

 

ただ気になったのが、win10のシングルブート環境であったがなぜか起動時にOS選択画面が出現、入っていないはずのwin8が選択できる。システムの詳細設定の起動と回復からwin10を自動選択するようにして完全に戻った感じ。

 

今思えば、アップグレード時に残ってたwin8の情報だけがgurbに登録されてて、それで起動しない起動しないわめいていただけだった可能性。今となってはもう遅い。

 

結論:これからはおとなしく仮想環境使います まる